News!5月20日更新の最新情報】

前回更新の情報は次ページにあります。   九重町のホームページを一見下さい。

九重連山春

5月19日の九重連山は曇。7時頃の吉部の気温は13℃。週末の天気は雨から曇、さらには晴へと変わっています。直近の予報では6時から9時の間に晴れるようになっているのですが、 雲画像で見ると雨雲はかかっていないものの、長者原から望む山には濃いガスがかかり続けています。天気の回復を伺いながら時間調整をして、7時過ぎに吉部から入山し、まずは北大船山へ 向かうことにします。頭上の枝から時折降りかかる水滴の洗礼を受けつつ、ガスの様子を気にしつつスローペースで坊がツルへ向かいます。間もなく佳境を迎えようとしている北大船山や 平治岳のミヤマキリシマの状況が気になるところで、先週の平治岳の様子からは、およそ2週間後にはピークを迎えるのではないかと思われ、はやる気持ちを抑えてガスのかかる坊がツルで 小休止の後、9時過ぎに坊がツルを発ち北大船山へ向かいます。

坊がツルではすでにミヤマキリシマは開花しており、5合目付近でも開花からほぼ満開の状況です。はやる気持ちを抑えつつ段原に着いた10時過ぎ、依然として大船山にはガスがかかっていましたが、 徐々に切れ間も見られるようになってきます。ガスの切れ間を待ち、段原付近でしばらく待機してから、北大船山へ向かいます。段原から北大船山付近にかけてのミヤマキリシマの開花状況は、 3分咲き程度で、次週末には見頃を迎えそうです。北大船山北側の台地は段原付近より開花が遅れ気味で、開花し始めたところですから、2週間後の山開きの頃には佳境を迎えるのではないかと 思われ、文字どおり山開きに花を添えてくれそうです。北大船山から大戸越へ下る途中には、オオヤマレンゲの株が多数あり、いずれもツボミが順調に生長中です。今年はツボミも多く、 ポストミヤマキリシマのシーズンにも夢が広がります。

先週かなり咲き進んでいた大戸越では8分咲きで、すでに見頃を迎えています。満開になると徐々に枯れ花が出始めるので、8分咲き程度が見頃です。大戸越から平治岳南の峰斜面 も咲き進んでおり、上部ほど開花が遅れ気味ですが、それでも次週末には満開になりそうです。咲き具合からするともっと登山客が多くても不思議ではないのですが、平治岳の登山道は 全く混雑していません。例年より2週間程度開花が早いようで、例年並みのペースで6月中旬に山行を計画している登山客が多く、今年のように開花が早いと出遅れる登山客が多いのではないかと思われます。 山頂付近も先週からかなり咲き進み、4〜5分咲き程度になっています。次週末はほぼピークを迎えることになりそうです。

今年のミヤマキリシマは例年より開花が2週間程度早くなっています。昨年のように開花後に気温が低い日が続けば花が長持ちしそうですが、気温が低いということは雨が続くことでもあり、 実に悩ましいところであります。2週間後の6月3日(日)には山開き山頂祭が大船山で開催されます。段原から北大船山付近は花が早めですが、北大船山全体では、ほぼピークだと思われます。 2年前から虫害もなく良好な花が楽しめるようになっています。今年も全山で今のところ虫害の発生情報はありません。どうして突然虫害が発生しなくなったのかは不明ですが、いずれにしても 満開のミヤマキリシマを楽しめるのは実にうれしいばかりです。

当サイトにリンクしてもらっているOASISさんこと柴田さんが、4月1日から長者原のレストハウスやまなみある「カフェ・きすみれ」で写真展を開催するというご案内をもらいました。 皆さんもぜひお立ち寄りください。詳しくはOASISさんのWebサイト「九重連山の光と影」を参照してください。

  山行中にはTwitterようこそ九重連山へ (@kujyu_renzan) に随時投稿しています。ほぼリアルタイムで 九重連山の様子をお楽しみ頂けます。Webサイトには掲載していない情報もありますので、ぜひフォローしてください。



2015年3月28日長者原ビジターセンター展示改修に際し 環境省から感謝状を贈呈されました。

2014年12月13日OBSテレビ「かぼすタイム」でWebサイトが紹介されました。

九重町観光協会が配信しているWebマガジンここのえNo.66(2013年6月号)でご紹介いただきました。 Webマガジンの配信登録九重町観光協会のサイトからお願いします。

サイトに掲載した画像の利用については、Photo Gallaryをご覧のうえ、お問い合わせください。



【Twitter】
ようこそ九重連山へ (@kujyu_renzan)

【ピンポイント天気予報】
長者原(ウエザーニュース提供)
大船山(ウエザーニュース提供)

【ライブカメラサイト】
牧ノ戸峠の道路状況
くじゅうの空(三俣山上空)ライブカメラ
三愛レストハウスライブ画像(南小国町提供)

【降雨状況・道路規制状況】
気象庁の高解像度降水ナウキャスト
大分県道路規制情報サービス

【お役立ちサイト】
くじゅうファンクラブ




5月19日撮影

【ガスかかる坊がツル】

8時過ぎの坊がツル野営場付近。ガスは徐々に薄れてきましたが、 依然として山には濃いガスがかかり続けています。

【ギンリョウソウ】

森の中にはいたる所にギンリョウソウが発生しています。 気のせいか今年はギンリョウソウもたくさん咲いているような・・。

【ベニドウダン】

大船山登路脇にはベニドウダンが開花。この時期は ミヤマキリシマだけでなく、ベニドウダンやイワカガミも楽しめます。

【大船山避難小屋】

10時になっても依然として大船山にはガスがかかり続けていました。 段原付近でガスの晴れ間を待ち、避難小屋跡に行ってみました。 春には再建工事が始まるということでしたが、まだ手つかずです。

【北大船斜面】

段原から望む北大船山斜面。段原付近は3部咲き程度です。 次週末には見頃でしょう。

【段原付近】

北大船山から望む段原方面。段原付近は全体に3部咲き程度で、 次週末は見頃になりそうです。平治岳より多少遅れ気味です。

【北大船山頂付近】

北大船山頂から望む坊がツル・三俣山方面。北大船山山頂付近も 花は良好で、虫害の発生はありません。

【北大船山台地】

北大船山北側の台地付近は開花し始めです。段原から北大船山より 花は遅れ気味で、こちらはほぼ2週間後に佳境を迎えそうです。 山開きに文字どおり花を添えてくれそうです。

【大戸越斜面】

大戸越斜面は咲き進んでいます。先週はほぼツボミでしたので、 1週間でここまで開花しました。

【大戸越付近】

大戸越では8分咲き程度です。満開になると枯れ花が目立ち始めるので、 花が良好な8分咲き程度が見頃です。

【大戸越斜面】

大戸越斜面は全体に5分咲き程度でしょうか。上部ほど開花が遅れ気味です。 こちらも次週末あたりがピークでしょう。

【南の峰斜面】

大船山南の峰から望む坊がツル方面。ミヤマキリシマシーズンには お決まりの構図です。こちらは3分咲き程度です。次週末は佳境を迎えそうです。

【山頂付近】

南の峰から望む平治岳山頂南側斜面。2〜3分咲きです。 ピークは1週間後でしょう。例年より2週間程度花が早めです。

【平治岳山頂】

平治岳山頂から西側尾根を望む。山頂付近が最も開花が進んでいます。 満開の株もあります。




トップページへ戻る / 次ページへ